50万円を実質年率18%で90日借りると利息は2万2191円ですが、5%なら6164円です。

借りる金額によって上限金利は違う

2010年6月に完全施行された改正貸金業法によって、グレーゾーン金利が廃止されました。

詳細は「5分で分かる改正貸金業法、グレーゾーン金利が撤廃し上限金利が20%に!」を見て頂くとして、あなたが覚えておくべきことは上限金利に関する以下の3つの点です。

  1. 融資額が10万円未満の場合、上限金利は年率20%

  2. 融資額が10万円以上100万円未満の場合、上限金利は年率18%

  3. 融資額が100万円以上の場合、上限金利は年率15%

つまり、たくさん借りるほど、法律上の上限金利は下がるということです。

だからといって、たくさん借りればいいという訳ではもちろんありません。

返済できる範囲で計画的に借り入れをする必要があります。

さらに、覚えておくべき大切なポイントとして上限金利は法律で決められていますが、下限金利は会社によって違うということです。

つまり、あなたが50万円の融資を受けるとして、A社では実質年率15%で、B社では実質年率10%で、C社では実質年率7%で借りられる場合があるのです。

どうせなら、金利が一番低い会社で借り入れしたいですよね。

一番低い金利の会社はどこ?実質年率を比較!

以下の表は主要ローン会社の実質年率の下限をランキング表示したものです。(2012年11月現在)

実質年率 比較ランキング
会社 実質年率 備考
1 イオン銀行カードローンBIG 3.8%〜13.8% 100万円まで収入証明書が原則不要。コンビニや銀行ATMで借り入れと返済ができる。
2 プロミス 4.5%〜17.8% 初回30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
3 アイフル 4.5%〜18.0% 1000円から借りられる
4 レイク 4.5%〜18.0% 初回30日間無利息
5 日本保証 4.6%〜20.0%
6 アコム 4.7%〜18.0%
7 モビット 4.8%〜18.0% PCからWEB完結申込なら電話連絡なし、郵送物なし。
8 ノーローン 4.9%〜18.0% なんどでも1週間無利息

借りる金額によって金利も変わってくる

基本的に、上の表の上にある会社ほど安い金利でお金が借りられるということになりますが、借りる金額に応じて実質年率も変わってくるので注意が必要です。

たとえば、100万円を借りたい場合・・・

  • オリックスVIPローンカード:8.0%〜14.8%
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン:11.6%
  • 楽天銀行カードローン:9.6%〜14.5%

となっています。

見ての通り、三菱東京UFJ銀行カードローンは11.6%と固定ですが、オリックスVIPローンカードと楽天銀行カードローンは変動幅があります。

もし、上限金利が採用された場合、

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン:11.6%
  • 楽天銀行カードローン:14.5%
  • オリックスVIPローンカード:14.8%

となり、三菱東京UFJ銀行カードローンで借りるのが一番お得ということになるのです。

しかし、こればかりは申し込んでみないと分からないというのが現状です。

借りる金額が大きいほど、金利は低くなる

基本的に各ローン会社では融資額が大きくなるにつれて、実質年率は下がります。

オリックスVIPローンカードの場合では、800万円コース〜550万円コースでは実質年率3.5%〜5.8%ですが、150万円コース〜50万円コースでは8.0%〜14.8%とかなり違ってきます。

これはたくさん借りてくれる人はローン会社にとって優良顧客だからです。(もちろん、全額ちゃんと返済された場合のみ)

ローン会社は貸し出し金額が大きいほど、利息による収益も大きくなり、利益も増えます。

たくさん借りてくれる大口顧客には低い金利で、小額しか借りてくれない顧客には高い金利でサービス提供しているのです。

ですから、もし300万円を借りるなら、3社に100万円ずつ借りるよりも、1社で300万円を借りた方がすくない利息で済むことなりお得です。

利息の計算方法

最後に利息の計算方法について説明します。とても簡単ですよ!

利息 = 融資額 x 実質年率 ÷ 365(日) x 借りる日数

たとえば、50万円を実質年率15%で90日間借りる場合、

500000 x 0.15 ÷ 365 x 90 = 18493.150684・・・・・

小数点以下は切り捨てられるので、利息は1万8493円ということになります。

おすすめサイト